生きづらさを克服し、望む明日を掴む

音楽や詩、小説、気持ちを伝えることで誰かの力になることを目指すブログ

MENU

詩 「車窓から」

流れてく景色に綺麗なものを見つけた

目を凝らすとそれは展望台のある丘だった

丘の上の鐘が鳴る音が響き、窓からそよ風が入る

 

駅で降りた僕は改札でショートパンツの女の子と出会った

「一緒に行こう」と誘う少女の髪がなびいて田園景色に映えた

 

二人で丘の展望台を見渡すと、どこまでも真っ白な空の雲のようなキャンバスが広がっていた

 

二人の親が慌てて後ろから声をかけて

子供達は共に帰った