生きづらさを克服し、望む明日を掴む

音楽や詩、小説、気持ちを伝えることで誰かの力になることを目指すブログ

MENU

毎日に閉塞感を感じたとしても

日々を過ごしていけること。

美味しいご飯が食べられて、好きなことができて、寝られて、そしてまた次の日が来て、その事自体がとてもありがたくて素晴らしい事。

そう分かっていても、中々腑に落ちてくれない時間が、1日のうちに訪れることがあります。

けれど、僕が今こうして生きてここに存在していることそれ自体が、先祖代々から脈々と受け継がれてきた命のバトンの上に成り立っている。

そう思えば、少しだけ力が湧いてくるような気がします。

 

焦らないこと。

その言葉をこの数年間言われ続けているけれど、

僕にとってはやっぱり一番難しいこと。

 

何を持って焦る、焦らないとするのだろうか。

自分では中々気づくことすら難しいのが現状です。

 

それでも少しづつ、事態は変わってきています。

自分らしくいられる未来を目指して、今日という一日を重ねていきます。