生きづらさを克服し、望む明日を掴む

音楽や詩、小説、気持ちを伝えることで誰かの力になることを目指すブログ

MENU

飽きっぽさを克服するコツ

自分はかなり飽き性だ。

気が向いた時は集中して物事に取り組み、寝食を忘れるほどに何かにハマる(ゲーム、アニメ、海外ドラマなど途中でやめられなくなり、下手したら最後まで見てしまう)タイプの人間だ。

 

そんな自分が物事に継続して取り組むために、必要なことはなんだろう。

考えてみると、そのうちの一つが完璧主義を捨てることにあると思う。

 

完璧主義を持っている人間は、基本的に、自己評価が低くなりやすいように思う。

他人から見て、そこそこ出来ていても、納得がいかず、早い段階で自分の思うように、完璧にならないことに業を煮やして、下手したら投げ捨ててしまう。

 

それを防ぐためには、出来ていない、拙い部分よりも、出来ている部分を見るべきだ。

自分は今ギターでの弾き語りを練習している。(期間はそろそろ2ヶ月ほどになる

その度録音して、音の拙さにがっかりすることも多い。

だが、全体を通して鑑みると、確実に、少しづつ上達はしているのだ。

 

まず、自分の出来ている面を認めてみること。

そこから、マイナスにまでなった自己評価を回復させる旅が始まる。

その先に、物事を継続できるという目標を達成することができる。

 

いわば、始めたばかりの物事は種だ。

扱い次第でいかようにも育っていく。

 

自分の出来ている部分を認め、日々成長していることを実感すること。

それがマイナスの螺旋から抜け出し、本来の自分を取り戻し、望むものを掴むための一歩となる。